HOME › 石鹸について › 製造方法
石鹸について about soap

製造方法

製造方法
石鹸はどうやって作られるの?

石鹸の作り方は、大量生産、家庭での手作りなどにより製造方法がまったく異なりますが、一般的な石鹸は、「中和法」「けん化法」と呼ばれる化学反応を利用して製造されています。それぞれ脂肪酸とアルカリが直接反応する「中和」、油脂をアルカリで加水分解する「けん化」という化学反応の現象のことをいいます。

この化学反応によって得られた石鹸素地は、さらに「枠練り」と「機械練り」の手法により、乾燥・配合・成形の工程を経て、最後に固形石鹸になります。

作り方や製造工程を理解することで、石鹸の中にそのまま残る成分や除去される成分などを知ることができます。この知識は石鹸を選ぶ際に大変役立ちますので、より良い石鹸を選ぶことができるのではないでしょうか。

 洗顔石鹸をチェック! »洗顔石鹸 比較一覧ページはこちら

このページのTOP