HOME › 石鹸について › 正しい洗顔方法
石鹸について about soap

正しい洗顔方法 ~飾らない素肌を目指して~

正しい洗顔方法 ~飾らない素肌を目指して~

清潔で健康的な肌を保つための洗顔は、その方法次第で、肌のトラブルの原因に繋がることも少なくありません。正しい洗顔をすることに、本当の洗顔の意味があります。
正しい洗顔方法洗顔は文字通り顔を洗う行為。メイクや汚れ、古い角質、ばい菌などを洗い流す洗顔は、素肌を健康な状態に保つ最も重要な動作です。誤った洗顔は皮膚にダメージを与えてしまいます。ここで正しい洗顔方法を学びましょう。


1
洗顔はスタイルから
まずは洗顔を始める前に、髪をヘアバンドでまとめるなど、洗顔の邪魔にならないように!

2
洗顔する手も美しく
洗顔する手が汚れていては、せっかく泡立てた泡にも汚れが付着します。まずは手をキレイに洗いましょう。

3
まずは素洗い
人肌といわれる37℃前後のぬるま湯で顔を軽く素洗いし、肌表面の汚れを落とします。

4
ポイントはキメ細かい泡
洗顔石鹸をよく泡立て、弾力のあるキメ細かい泡をたっぷり作ります。手か泡立てネットで石鹸を優しくこすり、水を加えながら泡の量を増やしていきます。洗顔石鹸の成分などにもよりますので、適した泡立て方で、生クリーム状の濃厚な泡を作ります。

5
顔はこすらずマッサージ!
たっぷりの泡で顔を包み込むようにしてTゾーンを内から外へ優しく泡を転がすように洗います。続いて頬やあごなどUゾーンの中心から外へ。このとき絶対にこすっちゃダメ!

▼洗顔はじめは、Tゾーンから
脂分がとくに多い額や鼻の周りなどから、泡で肌を挟み優しくなでるように馴染ませながら汚れを落とします。
▼頬のUゾーンの洗顔
頬のほうへだんだんと円を描くようにマッサージしながら優しく指を滑らせます。
▼目元・口元
顔の中でもとくに繊細な目元、口元は、強くこすらないように優しく泡を馴染ませます。

6
すすぎは充分に!
ぬるま湯で石鹸が残らないよう充分にすすぎます。熱い湯は必要な油脂まで奪ってしまうので、人肌のぬるま湯で髪の生え際など洗い残しがないようたっぷりとすすいでください。

7
タオルドライ
洗顔後は、清潔なタオルを押し当てるようにして優しくふき取ってください。

 洗顔石鹸をチェック! »洗顔石鹸 比較一覧ページはこちら

このページのTOP